2009年09月22日

ウィルヘルム・ミュンカー

ウィルヘルム・ミュンカー

 ウィルヘルム・ミュンカーは、1874年、11月29日、ジーガーランドのヒルへンバッハの町に、針金鋲工場をもつ企業家を父として生まれました。16才になった時、二日がかりの修学旅行で、カーレン・アスランに登った時、山の世界の美しさに心をうたれて感動し、熱狂的な登山家となりザウワーランド山岳協会(SGV)の会員となります。1903年、29才の時、ザウワーランド山岳協会ヒルへンバッハ地区の会長に就任、1905年には、同協会本部のコース委員会の委員長に就任、同時に郷土委員会、自然保護委員会の幹部として活躍。

 1910年7月4日。ユースホステル創設の父リヒャルト・シルマンは、北部ライン山岳協会の総会の席上で北部ライン全域に小学生用ホステルを建設する案を、北部ライン山岳協会の年次総会に提出。提案は、否決されましたが、ミュンカーはシルマンの提案に惚れ込み、これ以降、シルマンと共にドイツユースホステル運動に生涯をささえます。ミュンカーは、事務局長となり、活躍しました。しかし、彼はいつもシルマンの影に隠れました。

 現在のユースホステル運動の大半は、全てミュンカーが考案したものであると言われていますが、ミュンカーは、それを表面にだすことを病的なまでに嫌いました。そのためにミュンカーがマスコミに出ることは、シルマンが死亡するまでは滅多にありませんでした。つねにシルマンを建てた一生を送ったために、ドイツ以外の国ではミュンカーの伝記がでることはありませんでした。

 1933年、ナチスが政権をとり、ドイツユースホステル協会をナチスが牛耳ったとき、ミュンカーはドイツユースホステル協会を辞任しました。そしてヒルヘンバッハで、ザウワーランド山岳協会などで活躍し、環境団体を作って環境問題にとりくみました。第二次大戦の戦火では、70歳の老齢にもかかわらず大活躍してヒルヘンバッハを救っています。そして、ナチス政権が倒れますと、いち早くドイツユースホステル協会を復興させました。

 第二次大戦が終わり、1945年に国際ユースホステル協会が復活する時に、シルマンとミュンカーはオブザーバーとして招待されました。ドイツ人として、戦後はじめて海外旅行を許された人間でした。しかも旧敵国の大勢の青少年に囲まれて大歓迎を受けました。長い間の友人であったプルクハート・ションブルグ教授(ザウワーランド山岳協会の同志)は、次のように評しています。

「ミュンカーは、一つの理想を追ってこれに全生命を対決させました。彼は文字通りの理想主義者でした。しかし同時に現実の生活を知っていました。だから理想が現実の土地の上から足をさらわれて浮き上がる事がありませんでした。一度不運に見舞われても、彼は必ずこれを克服して成熟していきました。理想の飛躍と生活の現実の間の厳しい相剋の谷間に、彼は創造的な橋をかける力をもっていたのです。ここに、ミュンカーの本質があり成功があったのです」

posted by ss at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。